MENU

  * 郵便物を着払いにする方法
  * 郵送物を紛失したら
  * 引っ越し時の郵送物について
 
おすすめ記事

  * コンビニ受け取り可能な郵送物
  * 郵送物の消費税とは
  * 切手を貼れば何でも遅れるのか

郵送物を深堀してみる。



郵送物の受け取り拒否についての方法とは?

郵送物の受け取り拒否などはどのようにおこなうのでしょうか?たびたび、受け取りをしたくない郵送物がおくられてくることがあるかもしれません。そのような場合に、たとえばヤミ金の架空請求書などが送られてきた場合には、どのような対処をすればよいのでしょうか・まず、郵便物であった場合には、ハガキや手紙などを、郵便局に持って行きます。その時に、ハンコと「受け取り拒否」と記載した、付箋などを付け、郵便局に提出します。その際に、ハンコ、ボールペン、付箋などは忘れないようにしましょう。また、場合によっては、郵便局で郵送物の受け取り拒否の紙などを記入する場合があります。宅急便などについても同じように対応をおこない、宅急便の各会社などにこのように拒否である旨を伝えましょう。このように、受け取りをしたくない郵送物、宅急便などについては、拒否をしめすことができます。どうしても、何がなんでも受け取る義務がある!ということではありません。

郵送物を転送する手続き

引越しなどを気に転居届を郵便局で出すことで、1年間無料で転送してもらうことができます。この際、市町村役場に出す書類とは別物なので注意しましょう。転居届の提出は、どこの郵便局で行っても構いません。しかしながら、旧住所の最寄りの郵便局以外に出してしまうと時間がかかってしまいます。開始希望日をこちらから指定することもできますが、手続きをしてから1週間ほどかかってしまうので余裕を持って手続きを行うことが大切です。また、郵送物の転送期間は、1年間となります。再度手続きを行えば、継続して郵送物を新住所へ届けてもらうことが可能です。郵送物の転居届は、郵便局の窓口で行うこともできますが、インターネットを利用すればわざわざ郵便局に足を運ばなくても手続きが行えるので便利です。多続きの際には転居届や身分証明書、印鑑などが必要になるので事前に用意しておきましょう。手続きを行ってもダイレクトメールなどは転送されないものもあるので注意が必要です。

郵送物の追跡について

届くはずの荷物がなかなか届かないとやきもきしてしまうこともあるでしょう。そんな方におすすめのサービスが、郵送物の追跡です。郵便局では、調査制度が用意されており、最寄りの郵便局に問い合わせをすることで郵送物の追跡を行うことができます。手順をチェックして流れに沿って郵便局で調査してもらうことで、すぐに希望の郵送物を追跡してもらうことが可能です。また、確認したい荷物は大きな荷物だけでなく、レターパックなどの小物にも対応しています。書留や国際郵便なども確認することができます。最近では、手軽に利用できるネットオークションなどを利用する方が増えていますが、記録付きの郵送物であれば記録を確認することが可能です。はっきりと明確に宛名が記載されていない場合や郵便番号が省略されている場合、さらには受取人の名前と苗字の双方が書かれていなかったり間違えて書かれている場合には、予定通り荷物が届かない確率があるので注意しましょう。

郵送物の住所変更について

引越しが決まったら最寄りの郵便局にて転居届の手続きを行います。住所変更の手続きを行うことで、1年間、旧住所あての郵送物を新住所に届けてもらうことができます。1年経過後は、また新たに更新手続きを行うことで更新することも可能です。郵送物をスムーズに新住所に届けてもらうためには、引越し先が決まったら速やかに住所変更の手続きを行う必要があります。引越しの1週間から2週間前に行うといいでしょう。郵送物の住所変更手続きは、最寄りの郵便局に限らずどこの郵便局でも行うことができます。その際には、身分を確認することができる運転免許証や各種保険証、印鑑が必要となります。また、時間が取れない方であれば、郵便局にある転居はがきに必要な事項を記入してポストへ投函するだけでも手続きを行うことが可能です。さらに、ウェブ上からも手続きを行うことができ、全て無料で行えるのも嬉しい点と言えるでしょう。ウェブ上での手続きには、メールアドレスが必要になります。最近ではキャッシングするにも郵便物が届かないという事がカードローンの郵送物まとめに書かれていました。凄いですね。


© 郵送物を深堀してみる。 All Rights Reserved.
ららぽーと 車買取相場より高値で売るには ダイエットサプリ 阪神魚崎駅 中古マンション 日本酒 コンシェルジュ